FC2ブログ

London グルメ

ARTICLE PAGE

新しいグルメの拠点 St Sebastien スペイン BARめぐりって楽しいですね。EGOSARI

 グルメの拠点というと、やはり、フランスはパリとかリヨンとか、イタリアは、ローマ、フィレンツェ、ナポリとか有名ドコがまず思い浮かんでしまいます。

しかし、今回訪れたスペインのサンセバスチャンは、決して大都市というわけでもないのに、ミシュランの☆つきレストランが数多く存在するほか、BARめぐりなど、値段、質、味、雰囲気すべてにおいて、うれしい驚きの連続でした。久しぶりに感動した町。まさに、新しいグルメの拠点として、大いに注目すべき町であると思います。

サンセバスチャンは、スペイン北部のバスク地方にある人口約18万人のフランスとの国境から近い都市。どこかフランス香りが漂います。

アクセスは、ビルバオか、フランスのビアリッツ空港が最寄ですね。


ビスケー湾に、3つのビーチがあり、これぞリゾートという感じです。
9月上旬でも全然泳げました。
st seba1

夜8時ぐらいになると、この道沿いにあるBARに、老若男女が集まってきます。
st seba5

お店の外にまで、人があふれかえっています。この日は、ちょうど、ボートレースがあったようで、チームごとに盛り上がってます!
st seba4

サンセバで、BARめぐり、一軒目は、

EGOSARI

に決定。結構、人が入っていたので、ふらりと入ってみました。
st seba6

ハモンセラーノがたくさん!
st seba12

BARのシステムは、お皿をもらい、カウンターにあるピンチョスを自分の好きな分とって、調理が必要なものは、カウンターにいる人に頼みます。
お店の人は、プロですから、いくら混んでいようとも、どの人がどれだけの食べたかをすべて把握していて、お会計を最後にします。まあ、人間ですから、間違えることも多々ありますが、この場合は、正直に自己申告しましょう。
あくまでも、立ち飲みです。席に着くと、値段が変わるお店もあります。
st seba17

ピンチョスは、どれも美味しそうで目移りしてしまいます。
このお店は、スペイン語ですが、説明書きがチョコンとあります。
st seba8

ピンチョスは、一個、だいたい1~3ユーロ前後。
st seba9

お供には、この地方の特産、チャコリワインを是非お試しいただきたい!
少し発砲しているワインで、空気とよくまぜたほうがよいそうです。ワインの注ぎ方にとても特徴があります。
st seba7

マッシュルームは、グリルで焼いてくれます。
st seba14

あれもこれもどれも美味しそうです。
st seba15
st seba16
st seba18

ついついたくさんとってしまいたいと思いますが、サンセバっ子は、一つ二つにしておいて、次のお店に移るというのが通常だそうです。

なんといっても、立ち飲みで、地元の人も、観光客も入り混じって、ワイワイと飲める雰囲気が最高!

2010年9月某日

評価 : ★★★☆☆
       
↓励みになります。ポチッとクリックお願いします。


↓こちらもポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Category: スペイン グルメ
Published on: Sun,  10 2010 08:20
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

サンセバ BARめぐり ピンチョス St sebastien チャコリ 安い バスク

0 Comments

Post a comment