FC2ブログ

London グルメ

ARTICLE PAGE

日本でもこの光景はなかなかお目にかかれません。パリオペラ界隈の激安大トロちらし寿司

 パリオペラ界隈というと、日本人街、そして多くの日本食を取り扱うお店やおやさんラーメン屋さん、日本レストランなどが密集する地域でもあります。

 パリを訪れると必ず行く日本レストランがあります。
ご家族が漁師さんだそうで、お魚の鮮度は抜群。しかもボリュームが半端ではございません。
お店は、ざっくばらんな感じです。お料理もざっくばらんな感じですが、目が飛び出るほどのボリュームには、ご主人の気前の良さが現れてます。
 
 ランチタイムは、地元の方たちで賑わってます。
koba1.jpg

この日は、フランス人のお友達何人かと訪れました。
ランチのちらし寿司(サラダ、味噌汁、果物付) 11ユーロをオーダー。
ご主人のご好意で、マグロ赤身を、な、な、な、なんと、

大トロ

にグレードアップ

していだだきました。 あの通常はやっていないサービスだそうです。念のため。


まずは、サラダがきまして、
koba2.jpg


そして、しばらくすると、大トロちらし寿司様がお目見えしました!

見てください!この艶かなお姿!ゴロンとかたまりサイズの大トロとこれまた油の乗ったサーモン、そして、白身のお刺身ののった海鮮ちらし寿司。日本でもなかなかこのお値段でこの光景を拝見することはなかなかできないのではないでしょうか?!?!?!

大トロ様を口に入れた瞬間、とろけてなくなってしまいました。あっという間の出来事です。


旨いぞー


食べても食べてもなくなりません。
食べ方のコツは、お刺身中心で、ご飯はあまり食べずに進んでいくこと。
koba3.jpg

他にも、お刺身定食がオススメです。 お刺身がてんこ盛りなのです。

ご主人曰く、
近年のマグロの漁獲量減少や、ヨーロッパ、特にフランスのマグロ消費反対の動きからか、現在のお値段とボリュームをキープしていくことはなかなか難しいそうです。
また、フランス、欧州の方は、マグロの種類は部位の違いや美味しさをわかる人があまり多くないそう。

フランスのスーパーでマグロを購入するときは、輪切り方式ですものね。ちなみに値段は一律。
なので、以前、スーパーで、トロの部分だけ、柵切りでお願いしてみましたが、答えは、NON。そのようなきり方では、商品を提供できないと言われました。

さて、肝心のお店の場所ですか、気になるでしょう?いったいどこにあるのか。

ヒントは、ブックオフの近く。 お店の名前は、 頭文字が ''小''

わかったかな?

2009年11月某日

評価 : ★★★★

パリ オペラ界隈

予算 : 一人10~15ユーロ 

↓励みになります。ポチッとクリックお願いします。


↓こちらもポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Category: Paris
Published on: Sun,  29 2009 02:15
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

パリ オペラ 日本食 寿司 刺身 マグロ 大トロ トロ ちらし寿司

0 Comments

Post a comment