FC2ブログ

London グルメ

ARTICLE PAGE

ワインを生産者から直接購入できます。Salon des vignerons indépendants lille

 つい先日、 ボショレ ヌーボーが解禁されたばかりですが、皆さんはもうお試しになられましたでしょうか?

 この時期、フランス ならでは、ワイン好きの方にはもってこいのイベント 

Salon des vignerons

indépendants


が、フランス各地で開催されます。

私たちは、北フランスのリールに行く機会があり、ちょうど、このイベントが開催されると聞き、無料券があるので、お友達と連れ立って行ってきました。

 約500軒ものフランス各地のシャトーが集まるこのイベントは、毎年一回この時期にフランス各地で開催されます。
各シャトーが、自分のところで生産した渾身のワインを持ち寄り、プロモーションも兼ねて、一般消費者へ直売するというもの。

ワインとひと口にいっても、味や色はもちろん地域や生産方法、使用しているブドウの品種など、本当にさまざまで、お気に入りのワインやシャトーを見つけるのは一苦労です。一般のお客さんたちは、スーパーなどでは、見つけられないレア物のワインを購入できる他、生産者からいろいろな説明を直接聞くことができます。

そしてそして、なんといっても、このイベントの大きな醍醐味といえば、


試飲


でございます!!

 早速会場に入ると、入り口で、入場券と引き換えにワイングラスを渡されます。

 会場いっぱいに、シャトーが軒を連ねてます。
これを全部試飲しようと思ったら、相当お酒に強くないと。
というか、こういう場合は、全部飲み干さなくてもいいのですが。。。
しかし、こんな機会めったにないので、もったいないから、もちろん飲みますよ~。

さあ、レッツゴー!

vin 1

 まずは、シャンパンで乾杯!
ブースのかわいらしいお姉さんが説明をしてくれます。
皆さんもご存知のところと思いますが、シャンパーニュ地方で生産されたものだけをシャンパンといいます。 気泡のあるほかのフランスの地域で生産されたものは、クレモンといいます。
美味しいクレモンもありますが、やっぱり、シャンパンと名のつくものは、お値段もグレードアップ。 市価では、クレモンの3倍以上するのが通常です。
というわけで、シャンパンを試飲。旨い。 
vin 4

 せっかく来たからには、いいワインを購入したいものです。ソムリエでもない限り、私たち一般消費者は、はっきりいって何がなんだかわかりません。 素人にもワインを判断する方法がいくつかあるのですが、ワインののグレードを知る目安の一つとして、赤ワインに特筆すると1er Cru , Grand Cru、Grand Cru Classéという階級のようなものが存在します。

順番としては、1er Cru → Grand Cru→Grand Cru Classéの順番で上がっていきます。
いろいろと難しいので、今回、説明は省略いたしますが、試飲するのであれば、是非、一番お高そうなGrand Cru Classéを!
写真は赤ワインの有名な生産地、ボルドーのサンテミリオン。 ちなみにGrand Cru
vin 2

コニャックなんかもあります。
vin 3

こんだけブースがあると、どれを飲むべきかと迷ってしまいます。全部制覇はどう考えても無理ですね。
さらに、試飲しまくった結果、最後の方は、味があまりわからなくなってしまいます。

お目当てのワインの種類やシャトーなど、ある程度事前に狙いを定めて効率よくまわると、いい買い物ができると思います。実際、素晴らしいワインがお値打ちの値段で購入できますよ。

11月某日


http://salonsdesvins.vigneron-independant.com/

↓励みになります。ポチッとクリックお願いします。


↓こちらもポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Category: 世界のおみやげ
Published on: Sun,  29 2009 01:39
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

salon des vignerons indépendants lille 試飲 ワイン VIN Lille

0 Comments

Post a comment